Blog更新履歴Blog 更新履歴

blogはこちら

お墓への想いお墓への想い

家族の幸せを願う
場所

ひと昔前のお墓は家族単位で継承していくものでしたが、最近では少子化が進み、お墓の継承が難しくなっています。
本来、お墓はご先祖様に感謝し今生かされている家族の幸せを願う場所であったはずなのに、お墓の将来を考え、頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか?

先祖供養も、時代の変化に合わせて形を変えながら受け継がれるのが自然の流れです。その中で変わらずに持ち続けたいものは、亡くなった人への感謝の気持ちや自分以外の人を大切に想う思いやりの気持ちではないでしょうか?また、親しい人の死を経験することは、とても辛く悲しいことですが死を通じて家族の絆が深まっていくようにも感じます。

日本人が昔から大切にしてきた思いやりの精神や家族の絆のシンボルとして存在するものが、例えばお墓だったとしたら…
お墓はとても意味があるものと言えます。

お墓のこと、もう一度一緒に考えてみませんか?

お墓作りへの想いお墓作りへの想い

お客様の「想い」と一緒に
向き合います

「お墓作り」を考えるお客様はいろいろな想いを持って来店されます。
ほとんどのお客様がお墓を建てることは一生に一度、あるかないかのことですのでわからないこと、難しいことが多く、不安に思うのではないでしょうか。私たちはお客様のお話をうかがい、お客様と一緒に考え、CAD図面やカラー図面によりイメージを段々と具体化していきます。

お墓は作った後、何十年、何百年とそこにあり続けます。
お客様によろこんでいただけるような「お墓作り」をいたします。